How to CG No.9


オリジナルブラシを作ろう!

オリジナルブラシでお洒落に★

■オリジナルブラシでお洒落に飾ろう♪  

さて、普段必ず使うであろうブラシツール
今回はブラシのちょっとした制作方法をご紹介したいと思います。

まずブラシツールを選択しましょう!
右のツールパレットの絵がブラシツールです。しっかり文字もでてます(笑)


ブラシのオプションを見ると、様々なブラシの一覧が出てくると思います。
右の図はPhotoshop7.0のです(^^)

いろいろとブラシというのは調整ができますが、この一覧の中に今回はオリジナルで作ったブラシをいれましょう!



たとえばハートマークだとか、そういった色々な模様などはブラシを自分で作っておくと後々とても便利です♪

■たとえばー。  

たとえば!
こういった☆マークのブラシなんかありますね〜。

ブラシを選択してあげると、カーソルが星になってくれます。
もちろんサイズも自由自在に変更することができます(^^)

何でもブラシにできるはずです。
文字でも、模様でも、グラデーションのあるものでも!

とにかく作りまくって、自分の塗りに合わせたものを作りましょう♪

■早速作っていきましょう!  

では早速ブラシを作っていきましょう♪

ブラシを制作する場合、基本は白黒で制作していきます。
クイックマスクモードと似たような感じです。



白の部分がブラシにならない場所。
黒い部分がブラシになるところです。


気がついた方もいるかもしれませんが、白から黒でブラシを作りますのでグラデーションになっているブラシも作れます。

灰色なんてのは、薄いブラシになります。
色々お試しあれ♪

今回は、文字をそのままブラシにしてみます。
もちろん、ほかの場合でも手順は同じやりかたなのでご安心ください〜。

文字は 萌 にしました(笑)

@色を白黒にしましょう!
A文字ツールで文字かきかき
■てくまくまやこ〜ん。  
ブラシを作る作業は実に簡単!

選択範囲

ブラシにしたい部分を選択

ブラシを定義


これだけなんです(笑)


簡単すぎる気もしますが、これほど簡単でもあって便利なので是非とも使いましょう♪

まずは@のように選択範囲を作ります。

Aのように文字の部分を囲みます。
@選択ツールを選択
A囲みます!
■いよいよ作成です!  
あとは、追加をするだけです。

メニューバー 編集

ブラシを定義 を選択


これでもうほとんどおっけぇです。
なんとも簡単です!

余談ですが、パターンを定義
これを選択すると、塗りつぶしなどの時パターンで塗りつぶすを選択すれば選択しているところの画像がきれいなパターンともなりますよ♪

水玉模様を作るのが面倒だ〜という人がいれば、●を作って選択をしてパターンを定義。
塗りつぶせばきれいな水玉模様ができちゃいます〜。


色々と便利です(^^)b
■ブラシ登録完了!  
完了のしるしに右のような絵が出てきます。
作ったブラシにも名前をつけられるので、覚えやすい名前をつけてあげてください♪

見事な萌えブラシです(笑)
■ブラシの確認!  
しっかりとブラシが追加されています。
サイズ変更も自由自在に変えられますので、是非とも楽しんでください(^^)

複雑な模様など一度作っておいて、ブラシに登録をしてしまえば完璧ですね♪

ブラシを変えるだけで、塗りの質感がぜんぜん違ってきます。
単なる●のブラシではなく、その中に白い粒をちょっとだけいれてみればざらっっとした質感なんかも生まれてきます。

是非自分だけのオリジナルブラシを作ってみてくださいね☆
■確認!  
見事に萌えブラシが作れました(笑)
頻繁に打つ文字(ロゴなど)はブラシに登録しておけば、いつでもサイズを変更して塗っていけますね〜。
スタンプみたいな感じで登録もおすすめですよ〜☆


以上でブラシ作成の方法を終えます!
またそのうち、オリジナルブラシなんか公開できたらいいなと思ってます(^−^)

お疲れ様でした♪