How to CG No.4


綺麗に基本色を当てよう! その@

まずは下地となる色を塗っていきます★

■目標とする作業を確認っ。  
ここからは、実際に色を塗っていく手順を紹介していきたいと思います。

長かったですね〜、やっとです(笑)

まずここでは、影をしっかりと塗っていく前の基本的な色付けを紹介していきます。

目標としては次の通り。

@配色のイメージを膨らます

Aしっかりとした下地の作成



後者が特に大切で、影をつける場合この下地がしっかりしているかしていないかによって質感が変わると言っても良いと思っております。


では、前回までに紹介してきたツールを使いながら右の絵のような下地を塗っていきましょう♪
■レイヤーに名前をつけましょう。  
大きい画像連発ですいません(汗)
まずは、各所パーツごとにレイヤーを分けていきます。

レイヤーを余りにも分けすぎると後々HDD等に負荷がかかってしまいます。自分のパソコンとも相談をしながらやっていきましょう(^^)

今回のCGで、私は右の絵のようにレイヤーを分けました。

色をつけたい場所、色が違う場所が隣り合わせの場合はレイヤーを分けると作業が行いやすくなります。

例えば「顔」と「髪の毛」や、「制服のリボン」と「制服」のように明らかに色が違う部分はレイヤー分けを心がけましょう。

明らかにパーツが離れている場合は、分けなくてもよいのですが後々楽にするためにも出来るだけレイヤー分けを行います。



Photoshop7.0からレイヤーごとに色付けができるようになりました。
多くなってきた場合に便利ですね★

背景が緑色なのは、白色等を塗った場合塗り忘れを防ぐ為です。
■自動選択ツール。  
ここから、塗っていく為に必要なツールをちょっと紹介します。

自動選択ツールいうものを使って選択をとって塗っていきます。
これが基本となる形です。
(※あくまで私の場合です)

右の絵@の青い囲いの中のものが自動選択ツールです。
(W)というものは W を押すことによって選択されるショートカットキーを示しています。

ツールを選択後、絵Aのようなオプション画面があると思います。

Photoshop7.0では左上、Photoshop5.5ではオプションタブにそれぞれ出ていると思います。


全レイヤー使用など、絵のような設定で行っていきます。

※アンチエイリアス
これをいれると、滑らかなピクセルになります。グラデーション仕様。



 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@自動選択ツール
A自動選択ツールの詳細

チェックボックス等、しっかりと確認しましょう!
ほとんどのツールには、オプションがついていますよ★
■選択範囲の作成スタート。  
自動選択ツールを用いていよいよ塗りの開始です。
基本的な塗り方の流れは次の通りです。


自動選択ツールで選択

選択範囲を追加で増やしていく

クイックマスクモードで確認

塗り残しの確認、修正

選択したレイヤーに塗りつぶし


このような流れをとっていきます。
基本的なツールの紹介はすでに行いましたので、ご理解を頂けていると思って進めます★
クイックマスクだけが、まだ紹介していません。
(わからない点があれば何でも質問して下さい)

右の絵は、髪の毛の部分を選択した状態です。
全部が選択しきれていないのがわかりますでしょうか?

この部分を、修正しながら塗っていきますよ★
■クイックマスクモード。  
ここでは、クイックマスクを使用していきます。

クイックマスクは、@の絵の場所にあります。
クイックマスクを使うことによって、選択範囲が身近になりとっても使いやすくなります。

順をおってご紹介をしていきたいと思いますのでゆっくり理解をしていきましょう★

クイックマスクの青く囲っている部分をダブルクリックしてください。

絵Aのような画面が出てきたと思います。
これがクイックマスクモードのオプションです。

デフォルトでは、「マスク範囲に色をつける」になっていると思います。

ここでは、選択している部分が赤色になるようにするために、選択範囲に色を付けるにチェックをいれます。

これで設定自体は完了です。
どちらでもよいのですが、選択範囲に色がついているほうが見た目いいですよね?

よくないかもしれませんが (笑)
では、次にいきましょう★
@クイックマスクモードで編集!
Aオプションを見てみましょう


 Next→