How to CG No.5


影を入れていこうっ! そのB

一番楽しい作業、影入れですよっ★

■さくさくさくさく♪  

さぁ、ペンツールを使って早速塗りましょう!

右の絵のような、細かい場所もペンツールを使っちゃえば余裕です★


先ほどのように、ある程度の形をペンツールで作ります。

そしてあとは塗りつぶし。
これで髪の毛にしっかりと影ができますね!

■・・・と思いきや!  

失敗しました(笑)


そう、ここで重要なのがレイヤーの位置!


レイヤーの位置によって、塗りの範囲がかわるのはもうお分かりになっていると思います。

肌の上の部分に髪の毛レイヤーをおいているので、肌の上に色がのってしまいました。

では、どうしたらよいでしょう?
ここで、親レイヤー子レイヤーの設定です。



ここでようやく意味がわかりますよ♪
では早速、先ほどのやりかたでやってみてください。

■まぁ・・なんてお得!  
なんと不思議!
レイヤーを、髪の毛レイヤーの子レイヤーにしただけではみ出しているものがなくなりました!

そう、これが最大のメリット!

子レイヤーにすれば、親レイヤーの範囲しか塗ることはできません。

髪の毛に影をつけたい場合、子レイヤーとして影レイヤーを作れば髪の毛の部分だけに綺麗に塗れます。

はみ出しを気にせず、やりやすいように大雑把にパスを描いて塗ることができます。


このようにすれば塗り方はあとは貴方次第となりますね★


この親レイヤーと、子レイヤーがあるからこそ場所ごとのレイヤー分けが非常に重要になるんです!


便利ですね〜★
というかんじで、ちまちま塗っていきましょう。
やっぱり、ちまちまやるしかないんです(笑)
■もう私は迷わない〜。  

そう・・・。

以前なら迷っていた、めんどくさかったパスの作る作業。

でも、レイヤー分けをもう覚えたからには・・・。

■ぐっじょぶ!  
問題ナッシング!


といった感じで、パスは使っていきましょう。
すごく使えるので便利です!



影のつけかたで「じゃあ影はどこに入っていくんですか?」 というのがあると思います。


恐らくこれが一番の悩みになるでしょう。

正直、私もまだはっきりとはわかっていません。

ですが、考え方ならわかります。

では、次のページでご紹介★


←Back  Next→