How to CG No.7


光を入れて仕上げっ! そのA

仕上がりまであとちょっとっ★

■レイヤーをまとめよう!  
ここまできたらほとんど終わったも同然です。
これで終わり!と思った後、レイヤーを見てみて下さい。



右の絵のように、たーーーくさんレイヤーがあると思います。
私は作りすぎなんですが(笑)

影を細かく入れるためにレイヤーを作れば作るほど複雑になってきます。

ここで、仕上げ作業のためにレイヤーを全てまとめて一枚にくっつけてしまいます。
■がっちゃんこ!  

ではレイヤーはどのようにくっつけたらいいのでしょう?

すっごい簡単なのでご紹介っ!

メインメニュー

レイヤー

表示レイヤーを結合


これでOKです。

表示レイヤーを結合は、今表示しているものが一枚になります。
背景とはわけたいので、一度背景は非表示にして絵だけを全てくっつけてみました。
それが右の絵のとおりです。

@表示レイヤーを結合
Aあらスッキリ!
■ちょっと加工をしてみようっ★  
影もいれて、光もいれた!
さぁこれでいいかなー。というのが右の絵の状態です。

ここで完成もありですが、この絵にすこし柔らかい雰囲気を出したいなと思いました。


体にやわらかな光なんかいれると、それっぽくなるかな〜と思ったのです!(その時)


ということで、なんとなく小技ちっくになりますがボカシフラッシュの入れ方をご紹介したいなと思います。


特に名称に意味も根拠もありません(笑)
■透明部分を保護しよう〜。  

私がCGを始めて間もないころ、キャラのCGの周りにやはりボケた雰囲気の色をいれたかったことがあります。
当時はやり方もわからなかったので、ひたすらブラシツールで塗っていたのを覚えています。
すごく汚くなりました(笑)


今回ご紹介するのはとてもお手軽で、結構綺麗に見えるボカシの紹介です。


@の絵のように、統合した絵のレイヤーを一枚複製します。

次に、そのレイヤーを透明ピクセルをロックというボタンを押してロックします。


これはPhotoshop5.5等では、透明部分とかそういう名前であります。
いずれもチェックする場所は@のような場所にありますのでチェックをしましょう。


これを押すとどうなるか?

それはAの絵を見てください★

チェックをすることによって、そのレイヤーの中で塗られている部分のみに影響がでます。

ので、はみ出すことがまったくありません。
シルエットの作成なども、これで行うと非常に綺麗なシルエットができるわけです★


流れとしては、

結合した絵のレイヤーを複製

透明ピクセルをロック


という簡単なものです(^^)


@透明ピクセルをロック!
Aそのレイヤーの色のあるとこしか影響がなくなるのだ!
■Oh!シルエット〜。  
ということで、透明部分をロックした状態で塗りつぶすと右の絵のように塗りつぶされます。

いわゆるシルエットというやつですね★

ボカシフラッシュではこのように塗りつぶしてからが作業になりますのでまずは塗りつぶしてみてくださいませ★


塗りつぶしが終わったら、透明部分のロックのチェックを外してください。



←Back  Next→