How to CG No.2


ラフから線画へ そのA

線画の抽出から線画レイヤーの作成を行います。

■線画抽出作業。  
スキャンした線画データを下に、今度はフォトショップにて線画を作ります。
ここからはフォトショップの用語がある程度知っていると考えて説明をします(すいません)


ここで、線画レイヤーを作る方法を説明します。

まずは線画と、背景レイヤーを切り離しましょう

チャンネルの欄を見てください。
取り込んだ状態で、グレースケールの状態であると思います。
こちらを

Ctrl キーを押しながら、クリックして下さい。

RGBモードで取り込んだ場合は、マスターチャンネルを同様の作業を行えばOkです。

■選択範囲。  
先ほどの作業を行うと、画面に注目して下さい。

右の画像のような感じで、波うっていると思います。

こちらが、選択中の範囲のことです。

この範囲を塗りつぶしてしまえば、範囲の中のものは絵として現れます。

現在は、背景レイヤーしかないと思います。

ここで、線画のレイヤーを作るためにレイヤー作成を行ってみましょう。


補足:
セルアニメというものはご存知でしょうか?
あれと同様に、レイヤーは何枚も重ねられる透明な紙と思って大丈夫です。

たとえば、髪の毛レイヤー、顔レイヤーといったように細かくわけておけば作業もとてもやりやすくなります。

無理に一枚の紙で絵を仕上げないで、何枚も重ね合わせて絵を作れば綺麗なのができますよ〜。
■レイヤーの作成。  
では、レイヤーの作成手順を紹介します。

まず、レイヤーパレットの下にある右の@画像のボタンへカーソルを合わします。
新規レイヤーを作成ボタンを押してみましょう。

Aの画像のように、レイヤーがひとつ作成されました!こちらは名前変更も自由にできます。

新規レイヤーを作成ボタンを選択

レイヤー作成

レイヤーを選択

ダブルクリック

好きな名前へ変更


こういった流れになります。

新規に作成したこのレイヤーに線画を作成してみたいと思います。




@レイヤーパレットにあるこのボタン
Aレイヤーが作成されました!
■選択範囲の反転。  
上にあるメインメニューに注目しましょう。
ここに選択範囲という項目があると思います。
先ほどのチャンネルの場所で行いました、グレーのチャンネルを選択します。
その範囲は、白い部分を選択しているので反転をしなければ線画が選択されません。

言葉だけではわかりにくいと思いますので、流れはこのように行います。

グレーチャンネルをCtrlを押しながら選択

メニューの選択範囲タブへカーソル

選択範囲の反転を選択

こうすることによって現在選択していた範囲が反転されます。
先ほどの選択範囲を現在の範囲を見比べてみれば、線の上にしか波が見えないと思います。

■線画レイヤーの完成。  
選択範囲が出来た状態で、次の作業へ入りたいと思います。
先ほどの作業はそのままで次の行動をしてみましょう。

塗りつぶすレイヤーを一度選択

メニューの編集タブへカーソル

塗りつぶしを選択

描画色で塗りつぶしでOK

線画レイヤーの完成



このような流れになります。
背景となっているレイヤーはもう必要はありませんので、白で塗りつぶしたりしましょう。



これで線画レイヤーができました!
次からは、レイヤーを駆使して着色をしていきたいと思います。




ここまでで重要な用語はこのようなものっ。

レイヤー
選択範囲
チャンネル
塗りつぶし

以上です☆
@編集メニューから塗りつぶし!
A線画レイヤーだけに作成されましたっ


←Back