How to CG No.1


ラフ絵を描こう!

とても楽しい構図作り★

■まずはポーズを!  

CG講座として、CGの前にちょっとだけ私の絵の描き方を載せてみたいと思います〜。
描き方もいまいちパッとこないなぁ・・・という人は、少しでも参考にしていただけると嬉しいかもしれません。

描き方が確立していて見る必要のない方は是非とも飛ばしてください(笑)


絵を描く際、大きく分けて二通りの描き方があると思います。

1.いきなり服から描き始める人。
2.基本となる体をまずは描いてから服を着せていく人。


この二種類であると思います。
私の場合は後者の2番の描き方です。

なぜかというと、基本となるデッサンができていないとしっかりとした服を着た絵にならないと思うからです。

私自身、美術の成績も全然よくなく学校にも通っていないので独学であるので間違っている点が多々あるとは思いますが(^^;)



右の絵のように、まずは人形のようにポーズをとらせ完成するときのポーズを考えます。
一番苦労しますが、とても楽しい作業です★

マウスを乗せると、青と赤のラインが見えると思います。

青は体の手と足のライン。

赤は体の中心線を意味しています。

それぞれに丸い●がついていますが、そこが間接です。
間接となる部分に丸をおき、長さをそれぞれはかっています。
大体が頭一つ分と考えて、配置をしていっています。
よく呼ばれている一等身というのも頭何個で体全体になるかと言われるものなのです。

それをふまえ、それぞれに配置をしています。
足は若干長めのほうがかっこいいです(笑)

このようにしてラフを作ります。

■表情をつけよう〜!  

体のラインが大体決まったら、次は顔に表情をつけくわえてみます。


顔を描く際に、私は十字のラインをいれるようにしています。

縦のラインが鼻と顎を結ぶ線。
横のラインは目と耳を結ぶ線です。


絵を描く際にも、最初はまず十字の線を描いて頭から描いています。
顔をどちらに向けているのかを考え、その後に体を描いてポーズをとっていっています。


右の絵は、先ほどの絵に表情を付け加えたものになっています。


目と目の間を離すと、間延びしたような表情になってしまいます。
逆に目と目の間が近すぎても違和感がでてしまいます。
結構難しいところですが調整をしてみましょう〜。


鼻を下に下げて、口を鼻に近く。
そして目を大きめに描くと、デフォルメちっくになり幼い感じのキャラクターができます。

逆に、目と鼻と口をそれぞれある程度の距離を置いて描くと大人っぽい表情になります。



顎によっても、キャラの見た目が変わります。
顎が丸いと、幼いぷに〜っとしたキャラに。
逆に顎がシャープだと大人っぽいキャラになります。


顔の輪郭でも表情というものがガラッっと変わりますので色々を試してみましょう★

■服の描き込みっ。  

表情まで描けたら、次はいよいよ服を描いていきます。

今回の右の絵はナース服を着せてみたかったので、そういった絵を描いてみました(^^)


先ほど描いた体のラインにそって、服をつけたしていっているのがわかるかと思います。

服から描くとなると、よほど体のデッサンについて熟知している方でなければパッっと描けないのではないかと思います。
そこまでいくのが目標でもありますが、体から描くのに慣れるとまず体から描くようになってしまうと思います(笑)


服としては肌に密着している感じを表現したかった為、ほとんど肌と服の余裕がありません。

肌に密着しているほど、ボディラインは服でもはっきりと見えるようになると思います。

ダボダボッっとした服であるならば、基本となる体から服までをゆとりをもって描くといいでしょう。

柱がなければ建物はできないように、絵も同じように基本となる骨格を作ることがポイントになると思います。



さらっとナース服をっ。パッツン。

■髪の毛描き描き!  

女の子の命とも呼ばれている髪の毛をようやく描く時がきました〜。
ここまでの間、坊主頭でごめんなさいと描きながら思っておくと親切です(笑)


髪の毛を描く際には、頭の形をなぞるようにして描いています。
私の場合では、若干頭は大きめに描いています。
髪の毛による膨らみも考慮した大きさでとっておくと、自分としてはやり易いからです★


右の絵のように髪の毛を描いてみました。
ここまでくると、キャラクターがようやく一枚の絵になってきたというかんじがしますね♪




うまい人になると、髪の毛も構図のポイントとして配置していますね。
長い髪ほど動きをつけやすく、絵が栄えてきます。

ショートカットであると、体のポーズで動きをつくって全身で躍動感を与えたり等。

髪の毛も重要なポイントとなります。



最初に髪の毛を描いて、ポーズをとってみていまいち・・・という失敗を昔何度もしました。

私の場合は最後に髪の毛を描いて、そのポーズにあっている髪型を見つけたりということをよくしています(^^)

■ラフの仕上げ〜。  

残りは一番最初に描いていたポーズで使った間接部分の線など、余分な線を消していきます

これで形が浮き上がりました。

必要に応じて各部のパーツを塗ったり、影をつけたりしてCGにした時の雰囲気をつかんだりもします。


このような流れをとりながら、ラフを描いています 。


絵の描き方というのは人によってまったく違うので、自分にあった描きかたというものを是非とも見つけてください★


どうしても体が変になる〜・・。
といった場合は、鏡を見ながら自分でポーズをとったりしてみましょう。

また、市販されているデッサンの本なども参考にすると基本的なことがたくさん描いてあって大変勉強になります(^^)ノ


やっぱりひたすら描くしか、うまくならないんだと思います。
頑張っていきましょう(〃▽〃)ノ